背景

 10,2017 07:00
039_20170507135857730.jpg
写真を撮る時,被写体と同じくらい,後ろのぼんやりした背景の方に関心を向けてる。
今日の写真,私が写したかったのは,ピントの合ってる手前の草葉なのではなく,むしろその後ろの景色。ぼんやりとしていても一番切り取りたかったのは,背景なのだ。
お習字を少しだけ習った時,先生が言った。「文字そのものと同じくらい,文字のない空間も大切なんです」と。
「あ~!そうなのか~!」と,いたく感銘を受けた事を,撮影しながらよく思い出す。
人の言葉や行動だって,そう。言葉そのものというよりも,その「背景」とか「その人のいる世界」を理解しようとする,って,大事なんだろうなと思う。

さて,子どもそれぞれ,真っ只中の課題を突っ切り中。そして傍らにいる私も,そこにどう接するか,問われ中(=∀=)。

子ども1号
 :人とのつながり作りが非常に消極的で要領悪いが,一旦関係ができると,じっくりと長続きするつながりを作れる人徳あり。只今,新たな人間関係作りに小さな山。人に会わなかったGW・・・勉強の義務感とやる気の出なさ,スマホ&ゲームやり放題の自分の行動に虚しく&悲しくなった模様。

子ども2号
 :常に目線は先に。頑固で家族の心の琴線をかきむしるのが得意。共感力が強く,情が深い,世渡り上手。新しいクラスは授業が成り立つと喜び,充実度高し。

子ども3号
 :言いたいことを遠回りに言おうとするが,大概自滅。飄々としながら(笑)を求めるムードメーカー。やる気が落ちて凹むことアリ。まだクラスではストレートに自分を出さず静かにしている模様。そろそろ脱皮中か?!


 :焦りが強く,相手を押して,急かしてしまいがち。口調がキツく,ストレート。相手を刀でザックリと斬りつけることが多々ある。

私が自分の事を「私,焦りが強くて,言い方もキツイんだよね。刀でザクッと斬りつけちゃうよね・・・」と言うと,小学生2人が「そうそう!お母さんに刀で斬りつけられて,うぁぁぁぁぁ~!って,なる!!!」と,100%の同意。(∩・∀・)∩

一つの被写体を囲んでいても,それぞれの心の背景は違う者同士。そこをもっと認識しなきゃなぁ・・・・(遠い目)(T_T)
修行。修行。凸凹凸凹・・・・。
関連記事

Comment 4

2017.05.10
Wed
13:57

デコ #gwQYCaNk

URL

こういう分析いいなぁ

ではではデコの家族で

息子 おっとり大人しいと思う(男性としては)
物静かな感じを受けると思うが以外にもおちゃらけている

現在はアニメ声優のコンサートでフィーバーする人に(笑)
デコは見てみたい そのフィーバーぶりを

見てないようで意外に洞察力がある気がする

娘 そつなく暮らしている
特に女子ながら友人関係にはかなり恵まれている
女子特有の好き嫌いがない
けんかも一度もないと言う

これにはデコも驚いている
好かれなくてもいいから嫌われなければと親としては願う

すまして言いたい事を言う事もたまにありっ

デコ 山麓さんと似てる所もあるが
最近丸くなったと職場の先生に言われる(苦笑)

直球から変化球に変わったんだと思われる
しかし切る時はバッサリ
それは変わらないかな^^

こうしてそれぞれを分析しながら
また新たな発見や気づきがあればいいよねっ

編集 | 返信 | 
2017.05.11
Thu
10:27

山麓 #-

URL

デコさんへ

デコさんちの分析もおもしろいですね!特にデコさんが「直球から変化球へ」という行,噴出しちゃいました!(爆笑)。
私も変化球投げられるようになるのかな・・・(憧)。
おっとり大人しいお兄ちゃんのフィーバーぶり,私も見てみたい❤し,うちの子ども2号は,もしかしてデコさんちのお姉ちゃんに通じるところがありそう,と思いました。女子特有の好き嫌いがなくて恵まれているあたりが。
母の日を前に,「母親通知表」なるものがあるのだと,CMで見ました。私の通知表を子どもたちに書いてもらったら,どんなだろうと,ちょっと想像してます(笑)

編集 | 返信 | 
2017.05.15
Mon
00:11

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 | 
2017.05.15
Mon
10:00

山麓 #-

URL

鍵コメさんへ

学生の時の講義で,身体の成長と心の成長は必ずしも比例しないと聞き,「そんなのあたりまえじゃ~ん」と思っていましたが,出産後,「あれは大事な一言だった」と思うようになりました。
自分自身だって,そうなんですよね。もうアラフィフになって,外見はしっかり大人のおばちゃんだけど,中身は?と聞かれたら,まるで未熟なところばかりです。
子どもの素直な言動を,その子との関係で素直に受け止めていられたら良いんですが・・・私の器の小ささが・・・(-_-;)。
でも実際,子どもの素直でまっすぐな視点とやり方を見ていると,私の観念の中にある,自分自身が勝手に作り上げた「虚像」が浮かび上がってくるような気がします。
こうやって子どもには,気づかされ,教えられる機会をもらうのですね。
「親だけど支えてくれたのは子ども」というお言葉,すごく胸に沁みました。


編集 | 返信 | 

Latest Posts