31,2016 無人島のみかんで READ MORE

 30,2016 リラックスタイム READ MORE

 29,2016 「巧詐は拙誠に如かず」(こうさはせっせいにしかず) READ MORE

 28,2016 2号あれこれ READ MORE

 28,2016 3号の試練 READ MORE

 28,2016 3号の耳 READ MORE

 27,2016 味噌仕込み READ MORE

 26,2016 検索なのか判定か READ MORE

 25,2016 ご褒美 READ MORE

 24,2016 寝て待て READ MORE

welcome-image-photo
「無人島で取れたみかん」を買った。とっても美味しいのだけど,子どもたちはその外皮の「見てくれ」の悪さと,普段食べているみかんよりインパクトある味に,あんまり手を出さない・・・(-_-;)。このみかん。なぜ無人島で作られているのかというと・・・。昔その島には人が住んでいたけれど,人々は次第に島から移住していってしまって,無人島になってしまったのだとか。だから,木の手入れや収穫する時だけ,人が海を渡って島に...
雪が降る前の写真。ちょうど畑にある何かの骨組みとお日様の組み合わせが,キャンプファイアーみたい(↑写真)♪翌日何も予定がないという,珍しい金曜日の夜。子どもたちものんびりと過ごしてた。私はキャンドルの灯りでお風呂にとっぷり。いつも何か話してる2号が,やけに静かだなーと思って探してみたら,パジャマに着替え,布団の上で座禅中だった。見れば,スキーのゴーグルを着用してる(笑)。「何してるの?」と聞いたら,...
「ちょうだい」って出した手の平一杯に雪をもらったようなこの葉っぱ。さぞ嬉しかろう~(笑)今日は仕事の日。今の仕事場は,私的にはかなり緊張度が高くて,いつもドキドキしながら出勤。そして終わるとかなりホッとする。肩の力の抜き方(注:「手の抜き方」ではない)をうまくできないあたり,もう少しうまくできないものかと思う。だけど,今の仕事は,これまでしてきた私の仕事と原点は同じ。どんな視点をもってその仕事に臨...
これはきっと何かの実の殻なのかな(↑写真)・・・まるで冬の「花」のよう。2号の濃いキャラは相変わらず健在。忘れていない諸々の出来事を,いくつか記録↓。雪が降った時,大喜びで外で何か作ってた2号。「椅子作ったんだよ!」と本人は言う。見ると,どう見ても・・・「和式便器」(笑)。駐車場から家に入るまでの途中に作ってあるので,私たちは毎日この,2号お手製和式便器を,否応なしに目にしながら通ることになる。あれだ...
冬の朝は濃霧。特に標高の低い場所は,時としてものすごい霧にみまわれる。1号の学校の周りは,もしかして遭難しちゃうんじゃないの?!と思うほどの濃霧で,車で側まで送った際も,校舎が見えるかどうか難しいほどだった。濃霧エリアでは太陽が霧の向こうに見えていたけれど,山に登って来るとまだ日が差しておらず,晴れているけれど,ほの暗い。これから山の木々の向こうからお日様が出てくる・・・。来るぞ来るぞ・・・キター...
山が・・・メッチャ近い(↑写真)。普通,山を描きましょうと言われたら,山を一つ描く子が多いらしいけれど,信州ではどうやら,「山脈」を描く子が多いのだとか。←信州あるある,の一つ(笑)。学校から保護者宛に手紙が来た。「大きくなった僕私」の学習をしている3号に,内緒で,生まれた頃の事,心配したことなどのエピソードを交えたりして手紙を書いてほしい,というもの。何を書こうかと考え,思い出した。3号出産後,聴力...
空と山の色んな青の重なる様子が好き↑。絵を描く友人が,空の色はどうやっても出せないと言っていたことを思い出す。空色と簡単に言うけれど,出そうと思って出せる色じゃ,ないんだな。さて,今日は味噌仕込と心に決めていた。大豆や麹を手に入れるのに1ステップ。大豆を煮るのに1ステップ・・・腰をようやく上げた(笑)。一昨夜大豆を水に浸し,昨日ストーブの上,大鍋でコトコト。今朝もう一度火を通す。指でつぶれるくらい,...
今朝の気温は-16℃。←この表示,生まれて初めて見た。冷え込んでいるけれど,風もなく快晴。白く青く美しい。背高ノッポの木々を見上げると,地面近くの私には聞こえないような高い場所で実は何かしゃべってるような気がする(↑写真)。何の話してるのかな~?一度聞いてみたい♪子ども2号。最近,自分で色々ネット検索して視聴するようになった。何を見ているのかと思いきや,1号が教えてくれた。「あのね,2号ね。なんか面白い検索...
今朝は-8℃。冷えてはいるけれど,風がなければ快適♪ 久しぶりにカメラ片手に林~川へと歩く。この地に家族で暮らしていること,ここでの出来事,いろんなその時その時を見守ってきてくれてるこの山・地・水・風・お日様・木々にありがとうって思う。これまで気づかなかったけれど,いつも見守ってきてくれたんだなぁと,しみじみと眺める。林の中に,こんなフワフワ(↑写真)を見つけ,それがあまりに美しいので,1人小躍りした...
降雪前に撮った小さくてフワフワの名知らずの木の実(↑写真)・・・・可愛い♪ここ数日ほど。家族の中にある,何となくの空気・・・。それぞれがそれぞれの立場で春の新しい暮らしに向けた揺らぎの中にいるような。家族が離れ離れになる寂しさを,あまり口には出さず,お互いそれとなく忍んでる。新しい生活がどうなるのかと,ちょっぴりかすめる不安に,少し頭を振ってまた顔を上げるような気持ち。おおよそ引越しだと分かった日,...