栗ごはん

 12,2015 08:23

栗をいただいた。
今年の初物。私の実家では,初物をいただくときに,東を向いて3度笑って食べると寿命が延びると言われてる。

やっぱり栗ごはんでしょ!ということで,夕飯には栗ごはん。秋の恵み。今年の栗は大きいなぁ。
少し前,子どもと一緒に興味深く読んだ本の中に,辰巳渚さんの『こういうときどうするんだっけ』シリーズがある。
かわいいキャラの「まきっぺ」を主人公に,ゆるーい漫画で,子どもに向かって「こんな時はね・・・」と優しく教えてくれる頼もしい本。

その中で,毎年同じ事をくり返すことの意味に触れてた一節があった。

毎年同じことをする事で,それまでと変わったこと,また同じ季節の行事を迎えられたことに感謝できる・・・みたいな事が書いてあって,なるほどと唸った。
本当にそうだ。
子どもの日や誕生日,柱に背の丈を記していくことも,お正月に一年の目標を考えることも,旬の食べ物を美味しくいただくこと・・・・などなどを通じて,「今年もこんな風にこの季節を迎えられたね」とか,「今年はこんな風になったなんて,成長したね」とか,感謝する機会なんだなぁ。

この一節を知ってから食べた今年の栗ご飯。いつもにも増して,しみじみとありがたく,ほのぼのと温かく感じて,美味しかった。
子どもたちからは「今度はもっと味付け濃くして~」なんて,色々注文来てたけど(笑)。

関連記事

Comment 0

Latest Posts