喘息対策

 16,2015 10:13
007_201512121131477ed.jpg
喘息対策に,いまひとつパンチの効いた工夫がほしくて調べている。埃やダニ対策は基本として,あと何ができるか。
結構好きで生活に取り入れたいと思っている「アーユルヴェーダ」によれば,喘息は「カパ」という性質が強すぎたり,消化力が落ちていたりする事と関係があるらしい。これは鼻炎も同じ。

カパの性質の特徴は「冷」「重」「べたべた」「甘」など。カパを増長しすぎる食べ物や生活習慣で,実際,喘息持ち3号に当てはまっていることがいくつかある。

①アイスクリームが大好き
 ・・・少し前にアイスクリームの贈り物をいただき,ほぼ毎日のようにおやつに食べていた。冷たくてべたべたして甘くて乳製品・・・アイスクリームはまさに「カパ」を増長させてしまうものの筆頭株!だったわけだ。
②冷
 ・・・ついこの間まで「半袖半ズボン」。気温2℃だってこれ。みかんもよく食べていた。・・・やっぱり身体を冷やしすぎてた。
③小麦好き
 ・・・確かに小麦ってべたべたしてる。パンや麺類をよく好んでいた。

ここ数日,本人にもちょっとだけ説明をして,あとは私が食べ物など工夫することにした。
小麦,冷たい食べ物,甘いものと乳製品を避けて,その代わりに・・・
①冷たい食べ物より温かい食べ物を食べる
②寒い格好→長そで長ズボンに
③果物も,みかんなど冷えやすい物よりリンゴのような寒い地方で育ったものに火を入れて食べるようにする
④ピリッと辛いものを取り入れる。食卓で「こしょう」をひいておかずにちょっとかけて食べたり,生姜やネギをたっぷり取り入れたり。
⑤乳製品をなるべく使わない。ヨーグルトは豆乳ヨーグルトに。
⑥レンコン,乾物(ベタベタしたものの逆)を積極的に使う。
⑦うどんやパスタよりお蕎麦にする。

楽しみにしているおやつの時間が考え物・・・・と思っていたけれど,小麦を使わず,甘くなくても美味しいおやつは案外,ある。結構ヒットだったのが「柿の種」(笑)。小麦不使用で辛いし本人大好き♪「黒こしょう味」にもハマってた。
他には,リンゴと生姜を煮たものに豆乳ヨーグルトをかけたもの,とか,軽いおせんべい,とか。

そんな事をしながらのここ数日・・・・。気づけば,「鼻づまり」が改善してきてる♪嬉しい!
本当に効き目って,あるんだなぁ(←苦笑)。喘息に関しては,今後発作が減って,出なくなることが目標。さあ,本腰入れてこれまでの生活を見直して,できる工夫を取り入れますよー。

薬を飲ませることだけでなくて,私にできることがあるはず。あんまりギリギリと窮屈に追い込んではいけないから,本人にはいちいち話さずとも,私が陰で工夫すればいい事もたくさんある。できる範囲で明るく楽しく・・・おまかせあれ~!

続く。

関連記事

Comment 4

2015.12.16
Wed
14:52

♪デコ♪ #gwQYCaNk

URL

ふと思いました。
鍼治療も有効だと思いますよ^^

確か山麓さんでしたよね。
ヨモギお灸しているの。

お灸もしてあげればいいのでは??
台座灸ならネットでお買い得なのがありますから
お灸治療に行ったとき先生に喘息のツボを聞いて
息子さんにしてあげればいいと思いますよ。

免疫力も上がりますし悪い事はないですから。
一声かけて下さればデコが購入しているサイト教えて差し上げますから。

編集 | 返信 | 
2015.12.16
Wed
19:33

yuki #-

URL

こんにちは。
アーユルヴェーダ、私も一時期勉強していたことがありました。

乳製品は鼻炎のもとだといいますね。それだけが原因ではないかもしれませんが…
冷たいアイスクリームだと、これまた最強ですね。

子どもは本人で調節することができないから好きなものばかり食べてしまい大変ですよね。
食べ物と着るものと、内と外から気を付けていくこと、本当に大事ですね。

編集 | 返信 | 
2015.12.16
Wed
21:56

山麓 #-

URL

デコさんへ

デコさん。今日早速,お灸の先生の所に行ってツボその他を教えていただきました。一つでも二つでも,自分で手を入れられることがあるというのは心強いですね。子どもだけでなく,「免疫を上げる」って大事ですね。私も一緒に取り入れようと思っています。台座灸,やろうという時にはお頼み致しますので,是非教えて下さい♪

編集 | 返信 | 
2015.12.16
Wed
22:07

山麓 #-

URL

yukiさんへ

yukiさん,アーユルヴェーダをお勉強されていらっしゃったんですね。この時期私が子どもにアイスを買い与えることはないのですが・・・・おっとっと・・・この先はちょっと書きにくい話になりそうです(苦笑)。

> 子どもは本人で調節することができないから好きなものばかり食べてしまい大変ですよね。
そうです。だからこそ,食を預かる立場の私が気をつけなければと思います。ただ,がんじがらめにはしたくないし,気づけば食も生活もいい方向に習慣が変わり,それが本人にも心地よいものだといいなと思いますが,難しいこともあります。

子どもの周りには色々な考えの大人がいて,色々な文化があり。その中で良いと思う選択をうまくしていくことと,周囲との間の取り方。案外,このテーマは大きいのではないかと思います。

編集 | 返信 | 

Latest Posts