喘息対策②

 16,2015 22:28
018_20151203100450842.jpg
子ども3号を連れて,枇杷灸の先生の所にお世話になってきた。今日施術はなし。だけど,生活上色々取り入れたり工夫したりできる事をたくさん教えていただいた。
覚書としていくつか記載。
①右足首を内側にくるくる回す
②背骨のゆがみを是正するため,お中に私の頭をつけて全身こちょこちょくすぐり整体
③入浴の最後,膝下に冷水をかけ→ひざ下だけ温かいお風呂に10~15秒→冷水→お風呂→冷水・・で上がるようにして自律神経と副交感神経へのアプローチ
④乾布摩擦
⑤加湿に気をつける
⑥×な食べ物 白砂糖(アイスクリーム,キャンディ),動物性食品(肉,乳製品,卵),加工品
⑦○な食べ物 枇杷茶,塩,レンコン湯,菜食,もやし,にんにく,果物,穀など
⑧ツボ(の位置も確認)に生姜油マッサージと指圧

色々教えていただき,早速帰宅後から取り入れる。乾布摩擦は3号が自分でできるし,お風呂上りの温冷浴は,今日だけ一緒にやってみた。きっと自分でもできそう。食べ物係は私。

生姜油マッサージ・・・・効きそう!。生姜の搾り汁と白いゴマ油を同量,指で混ぜ混ぜしながらツボに塗り塗り。

きっと最初は慣れないだろうけれど,そのうち習慣になればいい。一つでも二つでも,家庭でできることがある,って,嬉しい。そして私の心持も随分と違う。

体質が改善されて,本人も発作が出ず楽になりますように。生き生きと毎日を謳歌できますように。目的は,そこ。見失わずにじっくり取り組みたい。





関連記事

Comment 2

2015.12.17
Thu
05:02

♪デコ♪ #gwQYCaNk

URL

そうそう体質改善^^
それに喘息もアレルギーの一種

大人になるにつれてすこしずつよくなるはずだから(#^.^#)

いっぽいっぽね^^

編集 | 返信 | 
2015.12.17
Thu
10:17

山麓 #-

URL

デコさんへ

良くなることを願って,一歩一歩・・・そうですね。子ども自身もいずれ自分で食や生活を組み立てなければならないし,自分で気をつける事や基本的な生活習慣は,今しか伝えられないのかもしれません。締め上げず,それとなくやっていけたらいいな,と思います。

編集 | 返信 | 

Latest Posts