『すばらしい日々』よしもとばなな

 14,2015 05:02
034_20150912155948667.jpg
天高く・・・とはよく言い得たものだと,ほれぼれするこの秋空の下,稲刈りが始まってる今日このごろ。

よしもとばななさんの『すばらしい日々』を一気読みした。
・・・・他人が書いたとは思えない感じ・・・。(両親を看取ったあたりの事は,私には経験がないから他人の経験を読ませてもらった感だけど)子どもとの日常,時間の経過を感じる感覚あたりは,読後,自分の感覚を言葉で表してもらった清々しさと,人肌を感じる温度があった。

毎日の,たわいないこと。喜怒哀楽に富む時も,まったり,ぐ~たらな時間も。どれもこれも生きてるその時なんだな。
遠く,お金のかかる「モルジブ」に行っての一番の思い出が,「子どもと一緒に歩いた靴音」だ,ってのが象徴的。大事な思い出,って,実はそういう事かもしれないなあ,って感覚的に思う。

この文章に涙した!って感じではないけれど,じわ~っと効いてくる感じ。今,自分で勝手に読書週間(笑)。よしもとばななさんシリーズ,まだ続く~♪
関連記事

Comment 0

Latest Posts