野沢菜漬け

 23,2015 18:15
023_2015122110425478c.jpg
少しだけドキドキしながら,近くの小さな直売所に電話連絡。今の時期になってしまったけれど,漬物用の野沢菜を分けてもらえるかどうかの確認。
電話の向こうのおじさんは,快く返事をしてくれ,「渡せる準備ができたら電話するよ」と言ってくれた。

よっしゃっ!これで野沢菜入手が確実に。昼ごろ連絡を受けて取りに行くと,おじさんたち3人がストーブの周りで温まりながら,迎え入れてくれた。「農薬も使っていないし,今年のは柔らかくて美味しいよ」と。(^o^)/
大きく成長した野沢菜の根元にあるビニールっぽい質感の「皮」を,軽く取っておいてまでくれるという,おじさんの親切さに感激しながら,お礼を言って受け取った。嬉しい❤

私の実家の辺りでは,「漬物石と妻の『重し』は重いほど良い」という言い伝えがあるのだとか。
面白い言い伝えだな,と思い出しつつ,手持ちの漬物石が小さ過ぎand軽すぎなので,漬物容器の直径と同じ長さの糸を持って行って,川原でその長さを超えない石を品定め(笑)。そして,一抱えもある重い漬物石を調達(笑)。

さ~て。野沢菜をセッセと洗う。まず半分。こちらは「しょうゆ漬け」。お醤油,酢,昆布,お砂糖を重ねて漬ける。
あとの半分は塩漬け。鷹の爪と昆布とお塩,今年は初めて干し柿を作った後乾かしておいた「柿の皮」も入れて(←入れると甘味が出るのだとか),漬ける。

野沢菜漬け・・・今頃になってだけど,どうにか,やりました。これで明日水が上がっていたら一山成功!
美味しくなりますように。今年は温かいからカビが生えませんように。

祈るような気持ちで漬物容器を見る。
この「やった」感。ああ~清々しい♪ (^o^)/
関連記事

Comment 0

Latest Posts