子どもの喘息対策と経過

 08,2016 12:01
010_20160206192044883.jpg
暗くなるまで雪の上で遊ぶ子どもたち↑。
寒い場所から温かい場所に移動すると,とたんに眠くなるのが常♪ 雪遊びの後,温かい部屋でうたたねするのは,さぞかし気持ちいい時間だろうな❤

3号の今週末は,見ているこちらも驚くほどの充実ぶり。
金曜日。放課後には暗くなるまで雪遊び → 7時過ぎには就寝。
土曜日。「親友」に会って嬉しそうに遊び,満たされ顔(^o^)。
日曜日。スポーツチームで練習 → 移動して「たんけんグループ」に合流。雪遊び&昼食作って食べる → 移動して市内の小学校でスポーツに参加

ふう~(◎o◎)~ すごいな。
こんなにめい一杯やって,喘息は大丈夫?と少しドキドキしていたけれど,なんと,何もなく大丈夫だった。そして元気。すごく嬉しい!

以前も,喘息対策について書いた記事(「喘息対策②」)があるけれど,その後の経過を含めて記録。

<予防編>
予防薬を飲んでいるので,それが大きいのだろうとは思うけれど。でも,それなりに取り入れている工夫も功を奏してくれていると思う。
①食べ物
普段から,生姜やネギ,ニンニクやレンコンを工夫してできるだけ取り入れている。鼻炎対策で,小麦ものよりは,お米もの,そばなどにしている。
実際小麦ものをたくさん食べた時は,鼻づまりが出る。食べ物と体って,本当にそうやってつながっているんだな~と感じる。

②寝る部屋
 冷え込む日はオイルヒーターをつけて,室温をほんわか上げて寝る。

③首を汗で冷やさない
オイルヒーターつけるからでしょう,と突っ込まれそうだけど・・・。3号は,夜寝入りばなに首の後ろに汗をよくかく。そんな時は,薄いガーゼの手ぬぐいを背中から首に入れ込んで,汗に触って冷えないようにする。(まるで赤ちゃんの時みたい(笑))。



次は
<予兆の段階,発作の出始めで効き目のあるもの>

①「生姜ゴマ油」(=すりおろしたショウガの絞り汁と無色ごま油を同量混ぜたもの)を喘息のツボに指圧しながらすり込んで,ドライヤーで「熱い」と感じるまで温めるか,背骨の一番上の骨付近にカイロを貼る。

②右足首を「内側に」クルクルまわす。自分でもまわせるし,寝た後なら,私が足首を持って,いくらでもクルクルまわす(笑)。これが本当~に妙だけど,なぜか結構効く!
タンが絡みだした時や,咳ばらいを始めるといった予兆が見られた時にやると,本当に不思議と治まる事が多い。

③寝ている時に咳ばらいし始めたら,3号の背中と胸に温めた手を当てて温める。

今更だけど,予兆の段階ですぐ手を打つのが今の所決め手みたい。
3号の予兆は,「咳払い」「痰がからみ出す」。神経質なようだけど,3号が咳払いを数回したら,私は生姜やカイロを準備し始める(笑)。
でも,そんな風にして,大きな発作が出ない記録をできるだけ延ばせたら,その分,気管が落ち着いていくのだろうと思う。
発作で運動制限のある時以外なら,どんどん運動♪

そして今のところ大きな発作ナシ。

この調子♪
喘息の発作が出ず,調子がよければ,今週末のような,め~いいっぱいやりたい放題の充実した週末が過ごせるわけだね(笑)。
いいぞ。3号。


人気ブログランキングへ
関連記事

Comment 2

2016.02.08
Mon
14:48

♪デコ♪ #gwQYCaNk

URL

大丈夫^^
これだけのケアしてるんだし
雪の中でたくさん遊ぶ(#^.^#)

規則正しく寝る。
これは生活の基本です。

デコ家も小学校中学年までは20時就寝でした。
。。教室で何時に寝るか手を上げる機会があったらしく
そんなに早く寝てたの息子だけだったと言われた事あり。

規則正しい生活は学生時代付き纏います。
自分で起きれないとか。。
今の子は夜中まで起きてるからね。


山麓3号くんはいずれ快方に向かうよ^^
発作にさえ気を付ければ神経質になる必要はないと思うよ(#^.^#)

編集 | 返信 | 
2016.02.08
Mon
20:56

山麓 #-

URL

デコさんへ

規則正しく暮らすことって,体を整えることに通じますね。
3号の発作が起きないで,普段通りの生活ができることが望みです。大好きな体を動かすこと,遊ぶことに制限ができないように。
大丈夫,と言われて,素直に嬉しく思います。

編集 | 返信 | 

Latest Posts