チューニング

 15,2016 23:44
002_20160215211126375.jpg
サクラサク↑・・・・子ども1号の習う生け花の花材に桜が。夜,スタンドライトの灯りの下で桜を見て,ちょっとしたお花見気分になる♪

今日,とても近い関係の人と,腹を割って大切な話をした。間に人が入って聞いたり考えたりしている時と,本人と直接話すのとは,まるで違う。
ビックリするほど,その「伝わり方」と「ニュアンス」が違うので,やっぱり本人と直接話をする,って大事だなとあらためて思う。

どんな風に触れたらいいのか,微妙なトピックって,結構ある。
お金,宗教,病気,教育,将来に関して・・・などなど。
いつか,いつか・・・と思いつつ,思い切ってバンッ!とお互いの間に取り出すには勇気が要る。
だけど,ど~うしても話さなければならなくなる時が,時にやって来る。

そしてそんな時,ラジオのチューニングみたいに,自分の「聞こえ方」「聞き方」をどの辺りに合わせるかで,まるで話が違ってくるなあ,と感じる。

例えば
「あたしに文句あるんでしょ」「どうせ嘘だろ」モードとか
「こう話す気持ち,ってどんな心持ち?」「言葉が見つかりにくいけど頑張って!」モードとか・・・

チューニングがゆるくても,楽しい,嬉しいなどの感情はわりとストレートに伝わりやすい。
「文句あるんでしょ」モードにチューニングしてしまうと,ロクな展開にはならない(-_-;)。

けれど,できるだけ相手の立場や気持ちを汲み取ろうとチューニングできると,「寂しいんだよ」「不安なんだよ」「残念で悲しいんだよ」「どうしていいかわからないんだよ」「自分でも困ってるんだよ」といった言葉が浮かぶように思う。
昔の,手でチューニングするタイプのラジオ。微妙~に合わせて,音がクリアに聞こえたときのあのスッキリ感。話している相手の気持ちを理解しようとする,あの合わせ方に通じるものが,ある(笑)。

腹を割って話す事と,心のチューニング。ビミョ~な調整ができて,クリアに聞こえる事が増えるといいなぁ♪


人気ブログランキングへ

関連記事

Comment 4

2016.02.16
Tue
00:32

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 | 
2016.02.16
Tue
09:20

山麓 #-

URL

鍵コメさんへ

鍵コメさん,初めまして♪
コメントを読んで,飛び上がるほど嬉しくなりました。早速ブログに訪問させていただきました。外出先から戻ったらゆっくりじっくり再度訪問させていただきますね。すごく楽しみです♪どうぞ今後もよろしくお願いします。

編集 | 返信 | 
2016.02.16
Tue
16:45

♪デコ♪ #gwQYCaNk

URL

自分が思っている事と
人に伝わる捉え方

これが全く違う方向へいってしまう事が多々

デコはたまに変な事を卑屈に考える事があり
大切な人に想いのたけをぶつけてしまう。

ぶつけてはいけないのを解っていても
その瞬間の気持ちをぶつけなければ
気が済まない時が。。

それをコントロールできる器がないんだなぁ( ;∀;)

チューニングかぁ
いい言葉だな^^
もっと繋がれるようにがんばろっ

編集 | 返信 | 
2016.02.16
Tue
18:40

山麓 #-

URL

デコさんへ

> 大切な人に想いのたけをぶつけてしまう。
その時の自分を率直に表せるお相手という事なのでしょう。我が家で私は「ギャン!」と吠えてしまうところがあって,おっとりした1号には「おかんはそういうところがあるから」とたしなめられます・・・・(-_-;)。いくら率直にといっても子ども相手に大人げないです・・・。

編集 | 返信 | 

Latest Posts