スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来訪一考

 21,2016 22:00
074_201605162119481bc.jpg
いいお天気の休日。
子どもたちは部活動に,野外活動に,と,それぞれ元気に出払った。
私は医者へ。咳と熱のため,いよいよお医者様と薬の力を頼ることにした。
聞けば,近頃,喉の痛みがないけれど,粘性のある鼻水と痰,咳や発熱を伴う病気が巷で流行っているのだとか。
確かに同じような。流行にのってしまったのかなー(笑)。

それはともかく,そんな症状の私を知ってか知らずか,母からメール。「突然ですが今日そちらにうかがってもいいですか」と。
私の両親の来訪はいつだって「突然」。朝連絡が来て,やってきては,数日後のある日「明日帰る」「今から帰る」となる。

両親に来てもらって家事の一つもやってもらえば助かるかな,と一瞬考えたけれど,いや待てよ。よく考えないと,かえって疲れることにもなるのを,体験してるじゃないか・・・。

以前,手伝いに来てもらった際,夕飯の時母に「お父さんに(晩酌用の)お酒はないの?」と促され,ああ,そういう心配りをしておくものなのだと思ったし,大変だから手伝ってもらうわけだけど,実際荒れた部屋を見てよい顔をしないのも知っている。一日家事一切をお願いして留守になどしたあかつきには,ひどく「疲れた」感満載の母に対面することになるし,お店の場所を知らないから車を出してと言われ車中母の愚痴を聞く羽目にもなる・・・・


こう書くと,ひどいようだけど,自分が不調の時には用心しなければなるまい(-_-)。

いつか娘も私に対してこんな風になるのだろうか,とふと考えるし,母を尊敬し,感謝もしているのに,こんな風にネガティブに思うということ自体,私が不調だという証なのかも・・・と考えたり。

でも決めた。今回はキッパリと断ろう。もっと声がちゃんと出るようになって調子が出た頃来て下さい,と。
たぶん声の出なくなった私を心配して来てくれようとしたのは分かる。だけど,今の私は子どもと呑気な週末を過ごして平日に備えたい。
先週末は義母の来訪があって十分休めなかったことが,一週間を大きく左右した。親の来訪は,助かる面もあるけれど,やっぱり気疲れするのも事実。
自分の子どももいずれこうなっていくのかもしれないと考えると,寂しい。少なくとも今,私が母たちとの間で,されて嫌な事は,自分はしないように学ぼうと思う。
近い関係なだけに,露になる色々な出来事と感情。

明日一日は,来週の備えをしつつ,回復を図ろう。
早くよくなりますよう,祈願。














関連記事

Comment - 2

2016.05.21
Sat
23:22

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 | 
2016.05.22
Sun
11:13

山麓 #-

URL

鍵コメさんへ

あまりに似たお話にビックリしました!そう!そうなんです!似たタイプだなと思いました。コメントをいただき,私自身そういった部分ともう少し取捨選択してうまくつきあっていけたらいいなと思うようになりました。相手のクセを知って,自分にできることで対処していくのは,大切なことですよね。
どうもありがとうございます。

編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。