仕事量一考

 02,2016 00:16
006_20160731223339c18.jpg
今年の梅干も,例年にならって白梅干し。紫蘇を使わないシンプルな塩のみのもの。南高梅の大きめを使って漬けると,フルーティーで,好き。
漬けてみれば,いつも「この量じゃ,足りなかったな」と思う。来年こそは,10kg単位で漬けたい希望アリ。

さて,今思うこと。来年の仕事は今の量より減らそう。今の仕事は大好きだし,やりがいもあってものすごく楽しいのだけど,我が家の子ども暮らしとの両立には,週5で時々土日も出勤するフルタイムでは,私にとっては,無理が過ぎてる。

夏休みに入って,毎日いつもより手を入れて作る料理を子どもと食べる幸せ・・・この時期だけなんだと思う。
家を出る頃にもなれば,子どもと私との距離は,もう今のようではないはず。・・・そう考えると,子どもたちとの今の距離は,そう長くはないわけだ。

なら,今の私は,今のこの時を,できるだけ味わいたいな。これが最近出て来た本音。
今の仕事は,今年一年はきっちりやるぞと受けたもの。今,一年という区切りで仕事を受けたことについて,ちょうどよかったと感じてる。

子ども暮らしと仕事と・・・・働く母って,いつもその狭間。

仕事は待ってくれる部分があるけれど,子どもは待ってくれない・・・と思う。
私は大して子どもと命一杯遊んだりするわけじゃないし,手作りの素敵なものを作ってあげたりできるわけじゃないので,私にできるささやかな事と言ったら,せいぜい毎日のごはん作りくらい。

そしてもっと部屋を整えて,生活を整えて,子どもたちが安心して過ごせる後ろ盾に慣れたらいい。
理想は。

今年の目標。私は家族みんなの黒子として縁の下で支えることだった。
・・・黒子・・・大してできていないかも・・・(ーー;)。

母親業も,仕事も満足満点なんて,ないものだと思いつつ,少なくとも,自分の本音に気づいたのは,やっぱりこの夏休みの息抜きがあってこそ。

今日もまた。
夏休みよ,ありがとう。
休み,って大事だなー。


関連記事

Comment 4

2016.08.04
Thu
14:04

♪デコ♪ #gwQYCaNk

URL

デコは思う
子供にただいまって言える環境でありたいと

今はもう大きくなってしまったけれど
それは今でも変わらない

もちろんもう少し働けばもっと楽になる
しかしそうしたら増えるのはお金だけ

自身の時間はなくなりらしさがなくなり
元気もなくなるだろう

少しの気分転換と写真は今のデコからは
切り離せないものとなっている

今の山麓さんが重視している事
お子様との時間を優勢にして過ごす働き方デコは大賛成( ^)o(^ )

編集 | 返信 | 
2016.08.04
Thu
19:10

葉月 #-

URL

私の母はずっと百貨店で働いていて幼い私はいつも「鍵っ子」でした。

だから自分が母になったら子供を「おかりなさーい」と迎えてあげようと
決めていたんです。

人それぞれの生活環境があり価値観が違うので
何が正解という答えはないけれど私の役目を自分なりに考えた結果でした。

限られた時間を有効に使っているご家族も大勢いらっしゃいますよね。
でも、家族みんなが心地いいことがいちばんだと思います。

編集 | 返信 | 
2016.08.04
Thu
20:06

山麓 #-

URL

デコさんへ

デコさんのコメントを見て,涙が出そうです。とても沁みました。
昔の私は,もっともっと自分の仕事にしがみついていたけれど・・・変わるものですね。「らしさがなくなり元気もなくなるだろう」の行,特に胸にグッときました。
自分の大切にしたいものの優先順位を知ることは,簡単そうで,なかなかできなかったりしますが,いよいよここにきて,無い物ねだりではなく,ハッキリしたなと感じます。
子どもには,こんな風に人生の色々を教えてもらうのですね。その存在に心からありがとうと言いたいです。
デコさん,心のこもったコメントをありがとうございます。しっかり伝わってきました。

編集 | 返信 | 
2016.08.04
Thu
20:16

山麓 #-

URL

葉月さんへ

葉月さんは鍵っ子だったのですね。
うちの子たち。最初は鍵を持って自分でドアを開けるのをどこか新鮮な面持ちでいた様子でしたが,たまに私のほうが先に帰宅していると,どこか嬉しそうに「ただいまー」と家に入ってくるよう(に見えます)。
子どもにとって・・・の意味はわかりませんが,少なくとも私自身の「心地よさ」は痛感するようになりました。腑に落ちる行為かどうか・・・って,とても大事ですね。
実感のこもったコメントがとても嬉しかったです。どうもありがとうございます。

編集 | 返信 | 

Latest Posts