心配と信頼

 31,2016 22:50
018_201608312232405fb.jpg

最近あちこちにニラの花が咲いている。通勤路の脇にも。すっくと伸びた茎に凛とした白い花が,きれい。

ここのところ考える機会のあるテーマ。
「心配される」事からは,相手からの「不信」こそ感じても,「思ってもらってる」って気持ちを,あまり・・・というか,ほとんど感じないんじゃないか,ってこと。

たまたま見かけた言葉が,まさにこの事を表していてツボだった↓。

心配をすることは「あなたには力がない」ということを伝える否定的な力があり,信頼をすることは「あなたには力がある」ということを伝える肯定的な力がある。(by坂爪圭吾さん いばや通信)

子育て中の自分に対して,子どもの心配をしてくれた身近な人はいた。
たくさんの「心配」をぶつけられることで私自身,随分と自信をなくして,徹底的に叩かれたような気がする。当時の私は,「だけどたぶん思って言ってくれるのだろう」と思い込もうともがいたりして。

私自身も今「心配」な対象がいたりするけれど,それを「心配」という形で相手に伝えても,傷つけるだけで,うまくいかないと思う。

数年前に暮らしていた隣市での住居は,とても閑静な住宅地にあった。当時,色々な状況で自分自身への自信など,粉々に打ち砕かれていた私にとっては,自分自身にも,自分の子育てにも,自信などあるわけなかった。
ところが,ある資源ゴミ立ち当番の日。私たちの住まいの目の前に住んでいるという,私の母世代くらいの女性が話しかけてきた。
「あら,あなた。あの部屋に住んでいる方ね。私,道をはさんだ目の前に住んでるのよ。」と。
「いつもうち,うるさくて,すみません。」と,私は肩をすくめるような気持ちで言った。
すると,「いつも主人と話しているのよ。あのお母さんと住んでる子どもたちは幸せだね,って。だってあなた,太陽みたいなお母さんだもの。いい家庭よね♪」と。

・・・もう,泣き出しちゃいそうだった。

あまりに閑静なエリアだったので,いつも我が家の生活音は,ご近所に筒抜けだったに違いない。それを「うるさい」だとか「心配」だとか言わずに,そんな風に言ってくれた女性のこの言葉。どれほど温かかっただろう。

うまくいかない事も,下手っぴなことも,いくらでもあるけれど,そこで「心配」の言葉がけをするよりも,相手の中にある力を信じて肯定できる,って素敵。やみくもに褒めればいいわけじゃないけど,やたら心配しすぎるより,よっぽど本人にとっての『力と励み」になると思う。


子育てに関してだけでなく,人生の色々な選択をするという相手に対して,「心配」よりも「信頼」を向けていける人になれたらいいな,と考えてる今日このごろ。あの女性に出会えて本当に良かった。いまだに私は,あの言葉を,大きな支えにしてる。


名も知らないお向かいさんに,今でも感謝してる。
・・・ありがとうございます。





関連記事

Comment 4

2016.09.01
Thu
14:11

♪デコ♪ #gwQYCaNk

URL

いい方に出会えましたね^^
心配を信頼に(#^.^#)

似たような事がデコにもあったなぁ
想いださせてもらってちょいとほっこりです

ありがとう(*^▽^*)

編集 | 返信 | 
2016.09.01
Thu
21:51

山麓 #-

URL

デコさんへ

デコさんにも同じようなご経験があったのですね。私にとっては何よりの励ましになりました。デコさんが一緒にホッコリしてくださって嬉しいです♪

編集 | 返信 | 
2016.09.02
Fri
05:24

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 | 
2016.09.02
Fri
21:55

山麓 #-

URL

鍵コメさんへ

自分のことに引き寄せてこの記事を読んで下さり,どうもありがとうございます。鍵コメさんのおっしゃる通り,結局は自分自身の課題なんですよね。

自分の不安や心配を出すことが,本当に相手のため,というより,私自身が清々したい,とか,言わずにおれないという我慢のなさからしてしまっているような事が多いなぁ,と。

そこをどうするか・・・って
・・・やっぱり自分との戦いですね。自分の心の持ちようって,大事だなとあらためて思います。できてないことばかりですが(苦笑)。

編集 | 返信 | 

Latest Posts