スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考えてみれば

 11,2017 08:45
008_201701021720024b1.jpg
今日は,少し,胸の内を吐く。



そういえば。

私の連れは,人生の中でもものすごく大事だった出産の時,3回とも,いつもそばにいてくれたんだった。
そして出産とは違う場面で,私の苦しいときにも,そういえば,傍にはいたんだった。仲良くだったかどうかは別としても(苦笑)。

でも,「傍にはいたんだ」と,あらためて気づいたら,涙が出る。

今は離れて暮らしているけれど,忙しい合間,赴任先から,子どもと私のいる場所に通ってくれる。
本当は一緒に暮らそうと夢と希望を持って建てた家を出たことで,きっと私は彼の描いていた夢をつぶしてしまったのだろうと思う。どれほど残念だっただろう。
離れて暮らさなければならないことが,どれほど寂しいことだったろう。

それでも私は選択できなかったんだ・・・あの地とあの家で暮らし続けることを。
ごめんね,と思う。
そして今後もあの家に暮らすこと,あの地に戻ることを私自身がいつか選択できる日が来たら,「彼には」嬉しいだろう,と,頭では思う。
そして・・・だけど,そう思えないことは,本当に苦しい。

私がもっと柔軟で,不安の小さい者だったら。どんな場所でも大丈夫と思えて,のびのびと子育てできるくらいの大らかな者であったならば。

連れの態度を気にして縮こまる考え方じゃ,ダメだな,と思う。
大いに感謝して・・・ありがたいと思うことは山ほどあるのだ。
そして時に,踏み込んで話し合わなければならない時が来るんだろう。

そもそも生きてそこにいてくれることで,私にはありがたいこと。子どもたちにとっても父親が元気に存在してくれていることがありがたいこと。

これからまた引越しをし,その後家族それぞれがどんな方向に流れ,進んでいくのか,皆目わからない。けれど,このわからなさの中,今,「何か」の流れが来ているのを,感じてる。
心細い気もするけれど,どこか心地良いような。この「気配」の中,言葉では表せない「大きな何か」を信じていこうと思う。

大丈夫。どんな展開が来ても,大丈夫。
目を閉じて,心を開いて,温かさを感じて,運命に放り投げられたりなど,していないことを,ちゃんと知ろう,と思う。

ありがとう。

こうして書くことで,心の整理。
関連記事

Comment - 2

2017.01.11
Wed
15:37

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 | 
2017.01.12
Thu
09:18

山麓 #-

URL

鍵コメさんへ

「人は壊れることもある」とは,本当にその通りだと思います。

色々な時がありますね。
> みんなで積み重ねて来れたことその全てが宝

・・・本当におっしゃる通りだな,としみじみ感じました。これからも,このささやかな毎日の積み重ねを大切に思う気持ちを失わずにいきたいです。

時々こうやって立ち止まり,振り返り,気づく時間は宝。いつも示唆的なお言葉を下さりどうもありがとうございます。


編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。