1号と2人

4 -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

054.jpg

さて,小学生2人が地区行事で3日間宿泊つきで留守だった。その間,私と子ども1号との2人暮らし。
「二人でどこか旅に出る?」「何しようか?」と,話していたものの,結局決まらないまま,その日を迎えてしまった。

希望校に合格した1号。春からは毎日お弁当なので,塗りのお弁当箱が欲しいなーと言っていた1号を考えて,木曽に行ってお弁当箱見てこようか,とか,金沢あたりに行こうかーと話もしたけれど,なんだかいまいちピタッとこない。ヽ(*>□<*)ノ

結局,歩いてダウンタウンまで行き,春からの服(高校は私服)を見たり,どこかで食事して来よう,と,あいなった。

見ると,子ども1号。中学校でも登下校では私服だったけれど,遠い距離の自転車通学に合わせて,アウトドア系一色だったし,お店に一人で行くことがほとんどなく,財布は小学生の時からの,幼児用のような,小さなサンリオ商品。

これからはスカートだってOKだし,ふんわりした服だって気持ちいいかもしれない。
2人でお店に入り,隣同士の試着室へ。最初気乗りしなかったような1号も,それなりにおずおずと試着をして,ここがいい,こっちはイマイチ,などと,話す。
ステキな服1枚とお財布を手に入れた。

さて。今夜はどこで何を食べようか。デビューしたてのスマホを操作してもらい,近くの焼き鳥屋さんへ。駅近くにある小さな焼き鳥屋さんは,開店直後からすぐに一杯になってしまうのだとか。「よさそうじゃない。行こう!行こう!」。
スマホ片手の1号と,時に頭をくっつけて小さな画面に案内されながら焼き鳥屋さんへ到着。
お店はカウンターのみで,すでにかなり一杯。私たち2人は一番奥の席をどうぞと言われ,その後おじさんたちが数人来たら,もう店内は満席になった。

私はワイン,1号は緑茶。好きなもの食べよう!と言って,まず2人で乾杯。これまでと,これからに。
1号は,初めて来た「飲み」系のお店に,少し目をまるくしていたけれど,目の前で,焼き鳥屋のご主人がグッと集中して塩を振る姿に,2人でほれぼれしたりして盛り上がった(笑)。
炭火で目の前で焼いてもらった焼き鳥。お皿に山盛りで出されたキャベツ,今まで食べたことのないおいしさの「皮」,生なのに大丈夫?と恐る恐る口に入れた鶏ワサ・・・。1号も楽しんでいた様子が私も楽しくなって,それはそれは,いい時間だった。

たらふく食べた後は,散歩しながら帰宅。帰り道に通ったお城はライトアップされていて,1号は嬉しそうに,何度も写真に収めていた。

結構冷え込んでいた夜だったので,茶の間に2つ,布団を敷いて寝ることにした。寝ぼけた私に聞こえてきた1号の声。「こんな風におかんと寝るの,久しぶりだよね♪」・・・・うん,うん・・・と言ったつもりだったけど,どうだったかな・・・~
明け方,寒くて目が覚めた。あまりに私に寄ってきた1号に,布団から追い出されていた私。冷たくなってた♪O(≧∇≦)O♪
それでも,1号とくっついて過ごしたこんな時間は,本当に幸せ時間だった❤
遠くへの旅行は行かなかったけれど,これから暮らすこの町で,二人で歩いて夜の町に繰り出して・・・楽しかったね♪

翌日,1号と2人きり2日目の夕食は,一緒に作って食べることにした。台所に立ちながら「おかんとああやって過ごしたのが,すごく楽しかったー」と,素直に口に出してくれた1号。おっとりして,気持ちの平らな,この1号との二人きりの時間。あるようで,なかなかなかった。いつもみんなのお姉ちゃん。この数日は,一人娘になって,1杯・・・・じゃなかった,一杯甘えていいからねー,と思った「おかん」だったぞよ(笑)。

ステキな時間をありがとう。今度の機会には,また,何か考えようね♪ 花の高校生,おめでとう。楽しい日々が待ってるよ。応援するからね!
関連記事
ページトップ