しずかちゃん~2~

4 -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

005.jpg
階下の住人,通称しずかちゃんの突然のピンポンと,インターホン一杯に写った形相と声とに,ある意味震え上がった我が家。
どうしたらよいだろう?

友人の助言があり,思い切ってしずかちゃんを訪れ,特に気になる音や,時間帯についてお話を聞くことにした。そして喘息持ちの子ども3号について,夜中や明け方に,大きな音の出てしまう吸入器を使うことがある事についてもお伝えすることにした。
ピンポンして,ご挨拶,先日のお詫びをすると,しずかちゃんは「あんまりそんなに気にしないで。そんなに気にすると神経に障るから」と言った。こちらで気をつけていること(防音効果のあるマットを敷いたり,家族同士お互い静かにするよう声をかけあっていること,お友達が来た時にはなるべく外で遊ぶように心がけていることなど)もお話した。
「夕食の時間帯は,わりと静かにしていたいので,音が特に気になりやすい」と聞き,昼間のある時間帯はいつもお留守なことを教えて下さり,他にも,「ここはみなさんとても良い方たちなんですよ。私もよくお声をかけていただいてるのよ。お互い仲良く暮らしましょう」と,しずかちゃんは言った。

そして「心がけてくださっていることがわかったので,もうそれで充分ですよ。私も言わなければよかったな,とも思っていたのよ。大家さんに2階を勧められたけれど,自分の趣味を考えて,私が選んで1階に住んでいるんだから」とも。そして「今度お子さんたちも学校帰りにうちにお茶しに寄らせてちょうだい。お抹茶を立てて差し上げるわよ」と。お茶の師範を持っているしずかちゃんは,こうも言って下さった。

穏やかにお話していただいて,ありがたかった・・・。
一応,こちらの誠意は多少示せたかなーと,勝手ながら思ってるんだけど・・・。どうかな・・・。
それでも,子どもたちとの毎日は,相変わらず足音や大きな声には気をつけている。
一戸建てならこんな気を使わないのに,と,子どもも私も思わないでもないけれど,これはこれで,よい経験。いずれ必ず突き当たることになるだろうこと。一人暮らしをしたって周囲の方への配慮は必要だし・・・。

ひとまず,そんなこんなことがある中,子ども1号の入学式が終わり,今度は小学校の転入式。子ども2号は「楽しみだなー♪」と言ってる。転校するときでも,こんな「楽しみ」と言えるって,いいなぁ,と,聞いたこちらがホッとする。
始業式には,朝一緒に登校し,始業式が終わり次第,私は下校することになってる。子どもたち,どんな顔で下校してくるかな。ふふ。
なんだ・・・私も,結構「楽しみ」にしてる(笑)。

新しい暮らし,いよいよ本格的に始動開始。ワクワク♪

関連記事
ページトップ