スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラック企業

 20,2017 22:07

高校生となった子ども1号。
とある部活動(のようなもの)に,自ら手を挙げて立候補し,メンバーとなった。
これには,家族も,友人も,結構ビックリw(゚o゚)w。
だけど,本人がそんな風に頑張ろうと思ってしたこと。応援するよ,と,声をかけた。

さて,その活動がそれなりに始まると,連日帰宅は遅く,帰宅後も,何やらその活動のための暗記物や,ツールの作成など,何かと忙しそう。
そして,次第に「勉強まで手がまわらない・・・」と,夜中私が就寝する頃につぶやいたりして。

数日前,ふとした会話から,子ども1号がふと暗い顔をした。聞けば,「ちゃんとした理由があれば辞めたい」と言う。「伝統」の名の下に,不可思議なやり方や,めちゃ効率悪そうなのに変えない決まったやり方などが散見。確かにその中で今後ずっとやるのは,苦しいだろうな。
「活動に,自分にとってプラスになることを見出せない」と,1号。

これはもう,辞めるのに立派な理由。辞めていいんだよ,と話すけれど,1号は「でも自分からやると言ったから」「社会に出ても,仕事だって辛いけどやらなければごはん食べていけないでしょう」と言う。
「でもねー。合わないものは,合わないし,私も仕事とか,やっぱりできません・・・ってこと,結構あったよ。最初から別れようと思ってつきあい始める恋人同士もいないよねー」(←と,なぜか恋の例えをした私)。
「別れる時は,情を残さずキッパリと!だよ。辞めたいなら,早いほうがいい」と私は言った。

同期の子たちにラインで「突然ですが辞めます」と言ったら,「もう自分で手を挙げてここまでやったことが,充分すごいよ」と言ってくれたすばらしき仲間が。そして誰も責めることはなかったらしい。私はそれを聞いて,心でウルウルしてしまった。担任からも,自分の納得できないことに,自己犠牲のようにしてやる必要はない,と言われたそう。
なら,明日には,辞める手続きを・・・・というあたりで,一区切り。翌日を迎えた。

日中,休み時間を利用して子ども1号からラインで連絡が来た。どうやら引き止められ,説得され,涙を流してるらしい。
・・・・(´・_・`)大丈夫かな・・・・色々心配な気持ちになる。

そんなこんなの時間を過ごし,昨日になって1号が夕食の時間に言った。「あのね,あそこは,ブラック企業なんだって,気づいた!」と。休み時間も取れず,昼ごはんも梅干1個くらいしか食べられない日もあり,とにかく忙しい。帰宅後も,覚えることが満載で,とにかくひたすらわが身を捧げ続けなければならない・・・・。
本人の中で,「あそこはブラックなんだ」と認識できたのなら,後は,踏ん張るのみ。きっときっと次から次へと説得者が来るであろうが,そこにひるまず,一貫して「継続の意志はありません」とハッキリ言うのみ。
理由を聞かれたり,根拠を示してと言われたり,親の意見を聞くことを否定されたりと,いくつかのアプローチがあったようだった。

そして・・・・ついに!
今日の昼間,1号からラインが。「クビになった(笑)」

やったー!!!+゚。*(*´∀`*)*。゚+ ついに念願の退部!!その部にしがみつく事など,ない。もっと,自分が納得する中身のところで活動すればいい。忙しいのがダメなのではなく,自分の納得できる中身かどうか,という意味。
今日帰宅する途中で会った1号は,合格発表の時よりも,もっと嬉しそうに,私の所に走り寄ってきた(笑)。
帰宅してお祝い。
話をして聞いてもらい,一緒に考えてくれていた友人たちともお祝いのライン交換♪
「クビになってお祝いしてもらうって・・・(苦笑)」と1号は言ったけれど,「クビがめでたいのでなく,クビになったことで,1号が元気でいられそうなことがみんな嬉しいんだよ。1号が元気をなくして泣いて暮らすなんてことが,みんなには悲しいことなんだよ」と話した。

逃げちゃダメなんて,ないと思う。初めて「辞めたい」と1号が言った夜,いつか報道された,ある自死してしまった女性会社員の話をした。自分の周りに違う道,選択肢が見えているうちに,選べるうちに選ばないと,頑張るだけ頑張っているうちに自分が追い込まれ,逃れる道が見えなくなり,自死という選択肢しか残らなくなってしまうことがあるんだよ,と。

何度でも,何度でも言いたいと思った。選んでいい。逃げていい。辞めていい。自分を守って!って。

結果的に,1号は素直に自分の気持ちを話してくれたし,私も話ができて,本当によかった。今回の件は,親子ともども,本当にいい経験だった。契約,恋人,宗教など,これから色々な場面で足を踏み入れたあと,「やっぱり身を引きたい」と思うことが出てくるだろう。その時,今回の出来事をまた,思い出してほしい・・・「選んで,いいんだよ」。

やらなかった後悔より,やった後悔,と言って,手を挙げた今回の活動。結果的に,少しばかり痛い目にもあって,涙もたくさん流したけれど,やっぱりこの経験をしてよかったと思う。

また,元気にいこうね。これからも応援しているからね。

そんなこんなで・・・
今夜は一息,ついてます❤。
関連記事

Comment - 2

2017.04.21
Fri
18:07

iomama #rjxAb6ec

URL

山麓さんへ

こんにちは!

お子さん1号くんは賢いですね!
大人でもブラック企業を見抜くのに
時間が掛かってしまいます。

そうなのかなぁ?
もしかしたらブラックなのかなぁ?と‥

社会人になり
自分をアピールすることに
一生懸命過ぎて
気付けば自分に合わなくて
体も心も壊してから
帰ってくる社会人も多いと聞きます。

今回、息子の友人も丸3年頑張りましたが
あまりのブラックのため
北国に帰ってくることになりました。

有名企業なんですけどね。
入りたくて入った会社だったのですが‥

本当はブラックなのかどうかは
まだわかりませんが‥
連休に息子が話を聞くそうです。

勇気には、『断る』も含まれています。

見極めること‥
自分なりにココはやり甲斐があると
前進する勇気と
断固断る勇気は
どちらも同じく大事なこと!

クビにすること自体
立派なブラック企業ですから
それが分かっただけでも
良かったと思います。

将来有望です!
頼もしいです!

社会は
ずるさも汚さも混ざっていますが
そこから見つけ出す輝くものを
自分の手で掴むのはきっと
楽しいと思います。

楽しみですね!

編集 | 返信 | 
2017.04.23
Sun
22:24

山麓 #-

URL

鍵コメさんへ

iomamaさんこんばんは。
> 大人でもブラック企業を見抜くのに時間が掛かってしまいます。
そうなんですよね。本当に。最初は「何となく・・・おかしいなあ」と思うけれど,そのうち「気づく」時間と余裕ががなくなっていくんですよね・・・。そしてある時点に行くと選べる道が見えなくなっていたり,選ぶ力もなくなってしまっているんですよね・・・(-_-;)。
よく過労でもDVでも「逃げればよかったのに」という意見がありますが,その「できなさ」「できると思えなくなってしまっている事」が最大の被害だと思うのです。

今回,きっと本人にとっては今でも,手放しで嬉しいというだけの感情ではないでしょう。だけど,だけど!それを含めてもなお,辞めてよかったね,と私は思いますし,この経験ができて,良かったなと思います。
きっと神仏からの,よきプレゼントでした。



編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。