伯父

 28,2017 23:58

故郷に住む伯父が亡くなった。

随分前から身体が不自由になり,ここ数年は自宅で介護を受けていた。
(ちょうど夫が夏休みで来ていて)「(お通夜と告別式に)行ってくれば。」と背中を押してくれ,一人で実家の方へ行くことにした。

駅で拾ってもらい,母と斎場に行きながら,亡くなった伯父の顔がとても穏やかだった,と聞いた。
親戚の中でも,この伯父の家には,高校生の頃特にしょっちゅう出入りしていた私。息子二人を持つ伯父と伯母に,私は娘のように可愛がってもらってきた。

斎場に着くと早速伯母に会い,「おじちゃん,穏やかな顔してたんだってね・・・」と話しかけたら,伯母はニッコリして開口一番「そうだよー。私,お父さんが穏やかな顔になるように,ちゃんと見たんだもの」と言ったし,その場にいた長男従兄はやはり穏やかな声で「山麓ちゃん,父の顔まだ見てないの?すごく穏やかな顔してるから,楽しみにして」と言った。

伯父の最期は,眠るような旅立ちだったのだという。見せてもらうと,確かに穏やかで生前と変わらない,優しい顔をしていた。

お通夜と告別式の際,伯父の息子たちである従兄兄弟がそれぞれ挨拶をした。
自分たちの父である伯父のことを,「強い人だった」「泣き言も,人の悪口も言わない,大きな人だった」「強く,いつも平らな人だった」「これといった趣味もなく,つまらなくないのかなと思った事もあったけれど,自分も今子どもの親となり,父がどれほど一所懸命働いて自分たちを育ててくれたのかを感じるようになった」と,気持ちのこもった言葉で語った。

私はそれを聞いて胸が一杯になり,泣くだけないた。息子たちが,伯父を父とする温かく穏やかな家庭で育ち,今ここに父を尊敬して深く感謝し,その気持ちを人前で堂々と誠実に言葉にしてる。これこそ,伯父の生きた証。大切なものをちゃんと育んで次につないだんだと思う。本当に偉大だ。
伯父はきっと息子たちの挨拶を聞いて,嬉しかっただろうと思う。私はその伯父の気持ちと,従兄の気持ち,穏やかな顔で旅立てるように介護しきった伯母の気持ちを思うと,伯父が生涯をすばらしく全うできたのだと感じて,感動すら覚えた。

伯父は,決して伯母に大声を出したり,非難したことがなかったのだという。言うとすれば「女の人というのはなぁ・・・」と言うから,伯母は「私一人を非難されることがなかったから,世の中の女性全般はみんなそういうものだと言われたつもりになって,気になることがなかった」と笑ったし,「この味好きじゃない」などと,決して言わなかった伯父は,「もうお腹一杯だ」と言って,好きではないものを残したんだという。
「そうやっていつも穏やかだったわねえ」と,伯母。そんな話を聞いているうちに,私は,伯父の穏やかで優しい笑顔を私にも向けてもらっていたことを,ものすごく恋しくなった。

「山麓の3歳の七五三の時は,俺が山麓を抱っこして神社の階段を上がったんだよなあ」と,生前,伯父はよく話したのだそう。私を抱っこしてくれた伯父。愛情と笑顔を私に注いでくれたそのことに,あらためて感謝して,心震えた。

伯父と伯母が二人三脚で大事にしてきた家庭。
ああ,そうか。
こうやってどっしりと大きな気持ちで家族を支え,家族で育んできた大切なことを目の当たりにした今の私は,とても足元にも及ばない失態ばかりだけど,あの素晴らしい家庭を私の目標の一つにしていくと思う。
お陰様で今回,伯父のところに行けてよかった。伯父が亡くなったことは悲しいけれど,一人の人が,その人生を全うしたということや,その生き様をストレートに感じて,心残りだとか,無念だという思いを感じなかったなぁ。

伯父の戒名には『精』の字がついた。よく働き,勤勉だった人に授けられる文字なのだという。
亡くなった伯父とは兄弟に当たる,伯父や伯母たちとの,戒名についての話は,面白かった。
「パチンコが好きだから,もしかして戒名にも『玉』の字が付くのかな(笑)」とか,「なんでもノロいから『遅』の文字が付くかねえ」とか(笑)。
久しぶりに親族同士が顔を合わせ,故人を偲んだり,伯父の家庭の素晴らしさに感動して,泣いたり笑ったり。人々のこの輪の中で私は育ててもらったんだな,と感じて,それぞれとのつながりをあらためてありがたいと感じたりして。

おじちゃん。私,おじちゃんのお葬式に行けてとても良かった。大切なものを残していってくれてどうもありがとう。教えてくれてありがとう。いつかまたお空で会おうね。



関連記事

Comment 2

2017.07.29
Sat
12:53

iomama #rjxAb6ec

URL

山麓さんへ

こんにちは。

尊敬できる伯父さまがいらっしゃったこと..
羨ましいですよ。

子どもの頃は優しくされても
姪や甥がそれぞれ大人になり
家庭を持ち自分たちのことで精一杯になると

段々親戚とのお付き合いも遠のいて
伯父さまへの気持ちも
薄く感じてしまうような気がします。

だから..尊敬と言えるって
ほんとうに素晴らしいって思います。

伯父さまも喜んでいるでしょうね。
自分がしてきたことは
これで良かったんだって
思えるって..わたしの理想です。

相手を思えるって
なかなか出来なかったりします。
まずは自分が・・・

次に相手。

そんな人も多いですからね。

心よりご冥福をお祈りいたします。

編集 | 返信 | 
2017.07.30
Sun
16:49

山麓 #-

URL

iomamaさんへ

iomamaさん,こんにちは。
伯父は喜んでいると思います。そして相変わらず温かい笑顔でみんなを見守ってくれているように思います。
すぐにカッとなったり,ストレートに感情を表す私は,亡くなった時に「平らな人だった」とは,とても言われないなあ,と,耳が痛いなあ,と思いつつ,従兄の挨拶を聞きました・・・・(苦笑)。
温かいコメントを下さり,どうもありがとうございます。

編集 | 返信 | 

Latest Posts