自転車兄ちゃん

 16,2015 05:10
002_20151013192033582.jpg
子どもを連れて隣市へ行った帰り道,カーブの多い,ちょっとした山越えの道を通った。途中,独り自転車を押して脇に寄せているお兄ちゃんを見かける。
見れば前輪がグニャリとゆがんでる・・・(;O;)
事故った?怪我は?と気になり,少し先のスペースに停車し行ってみた。

「兄ちゃん,事故った?大丈夫?」と尋ねると,車に幅寄せされてグラつき,路肩の石に激突したのだという。
幸い怪我はなかったけれど,自転車はとても乗れる状態ではない。どこまで行くのか尋ねると,ちょうど私の帰り道途中。乗せていくことにした。
聞けば,高校3年生。ハキハキしていて,元気そうな青年。うちの小学生2人と一緒に車に乗り,フツーにしゃべる。

「ちょっとタイミングが違っていたら,俺,あの下の川に落ちて死んでいたかもしれないっす。」「今日はスピード出さずに走ってて良かったぁ。」という言葉を聞きつつ,「怪我がなくて,本当に良かった。」と子どもも私も今さらながら胸をなでおろした。

無事兄ちゃんを自宅に送り届け,帰宅。
自転車が身代わりになってしまったのかもしれないけれど,彼の命は守られた。家族に話をしながら,彼もあらためてホッとしているだろうな。

兄ちゃん,これからも自転車乗るだろうけれど,どうか気をつけてね。
関連記事

Comment 0

Latest Posts